お子様の病気

一般的なお子様の病気・病状について

当院では、発熱、風邪(かぜ)、頭痛、結膜炎、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)、下痢・嘔吐、腹痛、中耳炎、ひきつけ(けいれん)などの症状や、以下の多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています。

呼吸器疾患

気管支炎、喘息(ぜんそく)、肺炎、急性喉頭炎(クループ症候群)、細気管炎など

伝染性疾患

水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなど

消化器疾患

胃腸炎、便秘など

慢性疾患

鉄欠乏性貧血、便秘、肥満、夜尿(おねしょ)、起立性調節障害など

当院の治療方針

当院では、解りやすい指導とあたたかい医療の提供を第一に診療を行っていきたいと考えております。
小児科専門医としての経験と知識から病状に対し診察時にわかったことは、可能な限りお母様・お父様・ご家族の方にお話いたします。また、薬の処方や治療方法に関しましても、ご納得いただけるように詳しく丁寧にご説明することを心がけております。

一方、お子様の健全な成長をサポートするために、健診活動、子育て支援にも努めていきたいと思います。不安や疑問がありましたら、些細なことでもお気軽にご相談ください。