メニュー

ごあいさつ・医師紹介

院長 中島夏樹

4月1日立山先生から、さくら小児科・内科クリニック院長を引き継いだ中島夏樹です。

地域に密接した医療を目指し、小児科学の研鑽を積んでまいりました。

大学医局では一般小児科学と共に、小児感染免疫学、ワクチン学を学び、米国テキサス大学でウイルス学、免疫学の研究に携わるという貴重な経験をさせていただきました。

個人的には、子育てを同業の妻に頼ってしまった自身の苦い経験から、子育てに関わるお父様方、働くお母様方のお力になれるようなクリニックを目指したいと思います。

中島夏樹

略歴

1973年 私立 駒場東邦高等学校卒業
1981年 聖マリアンナ医科大学卒業
聖マリアンナ医科大学小児科学教室入局
1987年 聖マリアンナ医科大学小児科助手
1994年 米国テキサス大学小児科留学
1997年 聖マリアンナ医科大学小児科講師
1998年 医療法人中島医院副院長
2009年 医療法人中島医院院長
2011年 川崎市医師会保育園医部会長
2015年 日本保育保健協議会感染症対策委員長

資格

  • 日本小児科学会認定小児科専門医
  • 医学博士

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児科医会
  • 日本外来小児科学会
  • 日本ワクチン学会
  • 日本感染症学会
  • 日本小児感染学会

副院長 山崎明香

さくら小児科・内科クリニックの近隣の皆さま、通っていらっしゃる皆さま、初めまして。
2022年6月から、中島院長のもと勤務します山崎と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

大学卒業後、まずはたくさんの小児一般・救急診療を経験したいと、千葉市立海浜病院小児科で後期研修をしました。忙しい診療の中、先輩指導医の下で、患者さんについて論文を読んで学ぶこと、経験した珍しい病気については発表し情報共有することの大事さを感じ、論文の発表手法を学ぶため昭和大学大学院で学びました。その間も、救急診療、病棟業務を行いつつ、新生児医療や大学病院ならではの専門的な疾患と治療に関わることができました。その後、昭和大学江東豊洲病院では、アレルギー診療を担当させていただきました。

三田病院に勤めてまもなく、新型コロナウイルス感染症が全国的に広まり、オンライン授業、黙食、宿泊行事の中止など、子どもたちを取り巻く環境が一変しました。病院でも、医療機関での感染への不安から、予防接種や乳児健診のための受診控えが多くみられるようになりました。それは、自分がどのように小児診療に向き合うべきかを自問し、かかりつけ医としてのあり方を見つめ直す機会にもなりました。大きな変化の渦中でがんばっている子どもたちに寄り添い、病気の時は専門的立場から手を差し伸べ、また、健診や予防接種を通して、子どもたちの健やかな成長をご家族や保護者さまとともに支えられるような診療がしたいと思うようになりました。

そして、この度、ご縁があって、さくら小児科・内科クリニックに副院長として就任することになりました。

世田谷区桜の地で、皆さまの信頼を得て長く診療を続けてきたこのクリニックで、今までの基本的治療方針を踏襲し、必要な新しいことは導入し、近隣のお子さんたち、保護者さまが安心して通えるクリニックを目指します。

山崎明香

 

略歴

2001年 私立 横浜共立学園 卒業
2007年 東京女子医科大学 医学部 卒業
2010年 千葉市立海浜病院 小児科
2013年 昭和大学大学院 小児科学講座
2017年 昭和大学江東豊洲病院 こどもセンター
2019年 国際医療福祉大学三田病院 小児科
2022年6月 さくら小児科・内科クリニック 副院長 就任

資格

  • 日本小児科学会認定小児科専門医
  • 医学博士

専門

  • 小児内科 一般

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本アレルギー学会

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME