メニュー

気管支喘息について

ベースに、気管支の壁に軽い炎症がずっと起きていて、風邪やアレルギーをきっかけに発作(咳が止まらない、息を吐くときにゼイゼイする、息苦しい)が起こる病気です。何度かこの発作が起きたら、気管支喘息と診断します。

治療の主役はロイコトリエン拮抗薬や吸入ステロイド薬などの、毎日飲んだり吸入する長期管理薬です。毎日のお薬で気管支の壁の炎症を抑えておくことで、風邪やアレルギーなどの刺激を受けても、発作が起こりにくくなります。長期管理薬を怠って気管支の壁の炎症をくすぶらせていると、気管支の壁が固くなり(リモデリング)、呼吸機能の低下を招きます。  

当院では、ガイドラインに則った治療を基本とし、患者さんの背景に応じて、柔軟に適切な治療法を選択していきます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME